赤ちゃんの名前

命名にはさまざまな方法があります

赤ちゃんの誕生にともない、一大イベントは命名です。これから育っていく我が子の健やかな成長を祈って、どの親も命名をおこないます。命名をするさいに、どんな名前がいいか悩む人も多くいます。大袈裟にいえば、命名によって、こどもの人生が左右されることもありかもしれません。呼び方ひとつで、印象がかわったり、書きやすいかどうかも重要なポイントです。 簡単にできるのは、自分たちで、命名の本を購入して、字画をみたり、名字にあったものをさがしたり、漢字の意味から探す方法です。 さらに、いまでは無料で名字から判断する生命判断のサービスを利用することもできます。必要な情報を入力すれば、名字にふさわしい名前などの一覧がおくられてきます。名前が決まったあとは、必要に応じて命名書を作成してくれる業者もあります。 このようなサービスを利用しつつ、いくつもの候補のなかから、じっくりと選ぶことが重要でしょう。

いくらくらい必要でしょう

インターネットのサイトでは、無料で生命判断をしてくれたり、命名書を作成してくれる業者もあります。このサービスは、お一人につき一回となっています。 そのほかに、有料のサービスもあります。たとえば、神社です。神社でのサービスは、神社によりますが3000円から5000円くらいが相場です。 また、専用の業者もあります。漢字で決めたりや、呼び名で決めたり、生命判断で決めたり、専門家を指定してできるところもあります。それぞれのコースで値段もかわりますが、多くは3000円から10000円くらいでできます。 また、命名書を作成してもらう場合は、その台紙の種類やデザインによってもかわってきます。こちらは、3000円から5000円が相場です。